Amazon.co.jp ウィジェット HDDをRMAを使用して返品してみた、その結果。修理品でも初期不良? - PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > HDDをRMAを使用して返品してみた、その結果。修理品でも初期不良?

HDDをRMAを使用して返品してみた、その結果。修理品でも初期不良?

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回RMAを使用してSeagate、CFDに返却したHDD。
それがその後どうなったか。

まずはCFD。
こちらは先日の記事通り、返送後即返却。
新品になり、問題はありませんでした。


お次はSeagate。
梱包については、Seagate指定の方法が採れなかったので、
ヤマト運輸の精密機器用梱包箱60サイズ用を使用し、
SeaShell(SeagateHDDを購入すると、プラのHDD専用ケースに入っている場合がある。それを使用)
に入れて、下をスポンジで、突起部にもスポンジを付けて梱包しました。
そして、RMAを使用して、到着後即発送処理がかかったようで、9日には到着。
しかしこのHDD(リファブ品、いわゆる修理上がり品)がくせ者でした。

なんと、通電状態だと24時間以内に必ずこのHDDからの反応が無くなるのです。
SMART Short Testをすると、本来90秒かかるはずが一瞬で終了。
なぜかPASS。
しかし、実際に0書き込みやSMART Long Testをすると、
かならずエラーか、「ホストが切断されました」のメッセージ。
そのあとは必ず電源を一度切らないとHDDを認識してくれませんでした。

これではダメだと、再度RMAを使用して返品。
今度は返送されてきた梱包箱を使用。
すると、在庫がないようで、Seagateの返送までに10日近くかかりました。

今度は新品が返却されてきました。
こちらは初期テストは問題なし。
さあ使用しようか・・・と思ったら、挿すところがありませんでしたorz
(よく考えたら、前に1.5TBのHDDを追加購入していたのを失念していた)

修理品で初期不良というのもあれですが、システムを考えると仕方がないでしょうね・・。


  

Comments:1

e2 2010年2月 7日 22:48

自分は海門のRMAは5,6回は使いました。
手持ちに一〇台ぐらい有ったBARRACUDAATAが次々壊れたので・・・
RMAから帰ってくるとき120Gが200Gになったり、160Gになって返ってくることもしばしばありました。
でも、PATAがSATAに成ることは無いですね。
家は発火した7200.8のBARRACUDA ATAも返品したことがあります。
一度だけ間違ってUPS便の着払いで返ってきたことがありました。
日本シーゲートに散々文句言って返金して貰いました。
15000円は厳しいです。

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/1550
Listed below are links to weblogs that reference
HDDをRMAを使用して返品してみた、その結果。修理品でも初期不良? from PC破壊日記的ブログ
  • タグ: HDD, RMA, Seagate
  • Home > PC破壊日記 > HDDをRMAを使用して返品してみた、その結果。修理品でも初期不良?

    2進数時計
    ※クリックで読みやすくなります。
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
    Search
    Feeds

    Google Adsense
    Tag Cloud

    このページの最初に戻る