Amazon.co.jp ウィジェット PCが壊れました、その修復顛末記 - PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > PCが壊れました、その修復顛末記

PCが壊れました、その修復顛末記

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日2019年12月19日に、なぜがディスプレイに画面が出ないPC。
よーく音を聞いてみると、「ぶおーん・・・ぷすん・・・ぶおーん・・・」と不規則に電源がon/offされているような感じ。しかもBIOS画面までたどり着いていない。
この特有の音はマザーボードの電池切れI(CMOS用電池)が殆どなので、電池の入れ替えを実施。その後CMOSデータクリアを実施したものの、全く改善する気配無し。
さらに、拡張ボードをグラフィックカード以外全て取り外してみたものの改善せず、SSDを外しても同じ。

今回はこれ以上の解析の心の余裕と手持ちパーツの在庫の余裕がなかったので、大阪日本橋のPCワンズさんに預けることに。

【2019/12/25追記】

預けて原因調査していただいた結果、原因はなんとDRAMメモリ。2セット4枚のうち片方のセットに異常があり、そのうちの一枚が完全に壊れていてこの現象が起こっていたとのこと。さらにもう一枚もmemtest86をパスしなかったとか・・・。

結局、PCワンズさんに良い感じの在庫が無かったことと、この時期値段が高騰気味であることを教えていただき、PCは壊れたメモリを外した上で持ち帰ることに。
しばらくメモリが半分になりましたが、致し方ありませんね・・・。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/1679
Listed below are links to weblogs that reference
PCが壊れました、その修復顛末記 from PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > PCが壊れました、その修復顛末記

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る