Amazon.co.jp ウィジェット SP2のアンインストールとシステム修復の弊害 - PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > SP2のアンインストールとシステム修復の弊害

SP2のアンインストールとシステム修復の弊害

このエントリーをはてなブックマークに追加

出先で使用するPCの話です。

そこではすでにWindowsXP SP2の検証が終了していたので、そのマシンにもSP2をインストールすることに。
しかし、インストール後、あるプログラム(かなり古い、当然XPSP2未対応)が起動直後に強制終了する症状に。
SP1の時は全く問題ありませんでした。

そこで、XPSP2のアンインストールを仕様としたのですが、何度やっても途中でキャンセルされる始末。
仕方がないので必殺技、システム修復を実行することに。(XPのCDを入れて修復するあの手段)

しかし、SP1に戻ったもののそのプログラムは実行できず。
さらに、Webページを見ようとしてアドレスを打ち込むと、接頭辞"http://"を付けないと異常に反応が遅い。約30秒かかるのです。
また、マイコンピュータを開くと、全てのHDDなどが見れるまでにこれまた約30秒。
完全におかしくなっています。

しかも、デバイスマネージャ、ネットワーク接続が見れない症状が。

いろいろと調査した結果、これはWindowsXPの更新プログラム>
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS05-047.mspx
の弊害によるもののようです。

しかし、この更新プログラムが一覧に全く現れず。
これでは修復もできません。

困ったものです。
再インストールか・・・。
あまりやりたくないのです。退避用のHDDもないものですから・・・。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/481
Listed below are links to weblogs that reference
SP2のアンインストールとシステム修復の弊害 from PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > SP2のアンインストールとシステム修復の弊害

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る