Amazon.co.jp ウィジェット P2Pユーザのとんでもない捕まえ方 - PC破壊日記的ブログ

Home > ニュース記事 > P2Pユーザのとんでもない捕まえ方

P2Pユーザのとんでもない捕まえ方

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカでとんでもないP2Pユーザの捕まえ方をしているようです。
GIGAZINE:http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070820_p2plawsuits/
なんと片っ端から大学経由で連絡して訴訟を起こし、裁判を起こされたくなければ金払えとのたまい、
さらにユーザーが著作権侵害をしていないことを証明せよと言うことだとか。

これ、日本のJASRACと変わんないじゃん・・・。
まだネットに進出していないだけで・・。
カスラックも「侵害していない証拠は示せないから金払え」だろ?

著作権侵害なら侵害された側が証拠を示すのが本道だろうが。
なんで侵害した側が侵害していない証拠を示さねばならんのだ。
どうせ信じないくせに。

アメリカは日本で実験してアメリカに導入すると聞くが、
今回の件は逆になりそうだ・・。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/1249
Listed below are links to weblogs that reference
P2Pユーザのとんでもない捕まえ方 from PC破壊日記的ブログ

Home > ニュース記事 > P2Pユーザのとんでもない捕まえ方

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る