Amazon.co.jp ウィジェット 死亡の原因はマスカレードテーブル枯渇 - PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > | サーバ(玄箱)日記 > 死亡の原因はマスカレードテーブル枯渇

死亡の原因はマスカレードテーブル枯渇

このエントリーをはてなブックマークに追加

あれからメーカーと色々話し合ってある程度結論が出ました。
Super-OPT GFiveの再起動の原因。
結論は「IPマスカレードテーブル枯渇によるもの」のようです。
もちろん、真原因は究明中のようですが・・・。

んで、これの回避方法を。
1.まずDNSサーバ(キャッシュサーバ)をLAN内に準備します。
 私はKURO-BOX/PROにdjbdnsを使ってDNSサーバを作りました。
2.各マシンの問い合わせをこのDNSサーバに向ける。
 Windowsは省略。Linuxは/etc/resolv.confのnameserverの項目をそのサーバのIPアドレスに。
 その後/etc/init.d/network restartでネットワークの再起動を。
3.DNSの問い合わせ方法を通常通り、もしくはプロバイダのDNSへのFORWARDONLYにする。
 通常通りというのはDNSサーバがルートサーバに問い合わせて、たとえば.jpを管轄するサーバに問い合わせて、・・・のように通常通り名前解決をする方式。
 FORWARDONLYはプロバイダのDNSサーバに名前解決を丸投げする形。

この方法で回避できました。
ルータのProxyDNSサーバ機能を使わないで、とのことです。
(ルータのIPアドレスを指定しない)

よく見ると、秒間300回/のDNS問い合わせのUDPが発生していたようで。
そりゃ厳しいわな・・・。

なにはともあれ、回避方法も分かったので一安心です。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/1385
Listed below are links to weblogs that reference
死亡の原因はマスカレードテーブル枯渇 from PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > | サーバ(玄箱)日記 > 死亡の原因はマスカレードテーブル枯渇

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る