Amazon.co.jp ウィジェット MRTG(SNMP)でCPUとメモリの状態が取れない、その解決法 - PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > | サーバ(玄箱)日記 > | 中国日記 > MRTG(SNMP)でCPUとメモリの状態が取れない、その解決法

MRTG(SNMP)でCPUとメモリの状態が取れない、その解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、MTGで取得したデータを見ていたら、ネットワーク関係のデータが明らかにおかしい。
そこで設定関係を見直したら、なんと前のマシンに対してデータの取得をかけていた模様。
設定ファイルをそのままコピーしていたのがあだとなりました。

そして、設定を修正して再度データの取得を試みると、今度はCPUとメモリの状態が取れていない。
そこで、動きを注意深く観察することに。
mrtgの実行ログを見ると、どうやらSNMPからのデータが取れていない。
SNMPのログを見ると、SNMPからの反応がない「No Response from localhost」との回答。

ここで悩むこと数時間。
SNMPの設定以外でアクセス制限はかけていないので、ほかに見るところがない。
googleで検索していたら、同じような症状に陥った人を発見。
そこによると、以下のように編集したらいいようです。

1.SNMPの起動状態を確認する。
$ ps ax | grep snmp
28896 ? S 0:00 /usr/sbin/snmpd -Lsd -Lf /dev/null -u snmp -I -smux -p /var/run/snmpd.pid 127.0.0.1
29057 pts/0 S+ 0:00 grep snmp

2.上記の結果の中、snmpを起動するコマンドライン中に127.0.0.1が含まれた場合は、以下の修正を行う。
(上記の結果は含まれているので以下の修正を実行)
/etc/default/snmpd 
の中から、
SNMPDOPTS
の行を探し、
127.0.0.1
の部分を削除。

3.snmpdを再起動
/etc/init.d/snmpd restart

これで、データを取れるようになりました。

しかし、原因がわからないのも気分が悪いですな。解決したのはいいのですが・・・。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/1051
Listed below are links to weblogs that reference
MRTG(SNMP)でCPUとメモリの状態が取れない、その解決法 from PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > | サーバ(玄箱)日記 > | 中国日記 > MRTG(SNMP)でCPUとメモリの状態が取れない、その解決法

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る