Amazon.co.jp ウィジェット NTFSマウント方式の弊害(重要) - PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > NTFSマウント方式の弊害(重要)

NTFSマウント方式の弊害(重要)

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ドライブレター(A:?Z:)が無くなったときの対策として、マウントポイントによる方法を紹介しましたが、これに重大な問題が隠されています。

普通に使う分には問題はありません。
が、しかし、この操作をするときだけは気をつけてください。

それは、「削除」。
通常、ゴミ箱に入れる処理です。
しかし、NTFSのフォルダにマウントしている場合、それが、
マウントされたドライブのルートフォルダへの移動として処理されるのです。
つまり、ドライブ間コピー。

以下、その状態。
C:\-----MountDisk1
にてマウントをしていると、
MountDisk1の中のデータをゴミ箱に入れるように処理すると、
C:\Recycledに入ってしまうのです。

削除の際は、直接(ゴミ箱に入れずに)削除するか、もしくは
ドライブレターを割り当てて、それにてアクセスするのが賢明です。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/806
Listed below are links to weblogs that reference
NTFSマウント方式の弊害(重要) from PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > NTFSマウント方式の弊害(重要)

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る