Amazon.co.jp ウィジェット 「ダビング10」延期問題、「メーカーの主張が分からない」とJASRAC菅原常務理事 - PC破壊日記的ブログ

Home > JASRAC > | ニュース記事 > 「ダビング10」延期問題、「メーカーの主張が分からない」とJASRAC菅原常務理事

「ダビング10」延期問題、「メーカーの主張が分からない」とJASRAC菅原常務理事

このエントリーをはてなブックマークに追加

なんかJASRACの常務理事がふざけたことを言ってます。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/14/news108.html

ダビング10とその対応機器への補償金制度をカスラック(JASRAC)グループが主張。
メーカー側は「ダビング10含むDRMコンテンツには補償金制度は不要」と主張。

正直、カスラック側の主張が分かりません。
何言ってんだか。
なんで補償金とダビング10を同時に主張する?
全く別の話。

コピーワンスの不満の改善のためにダビング10が出た。
録画機器を一律コピー可能な機器として補償金を課してきた。

この2つに何の関連性がある?
全く関連がない。

糞政府とカスラックグループは頭が腐っている。
結局自分たちの利権じゃねーか。
何言ってんだ。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/1274
Listed below are links to weblogs that reference
「ダビング10」延期問題、「メーカーの主張が分からない」とJASRAC菅原常務理事 from PC破壊日記的ブログ

Home > JASRAC > | ニュース記事 > 「ダビング10」延期問題、「メーカーの主張が分からない」とJASRAC菅原常務理事

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る