Amazon.co.jp ウィジェット 国民投票法案、衆院特別委員会で強行採決 - PC破壊日記的ブログ

Home > 政治 > 国民投票法案、衆院特別委員会で強行採決

国民投票法案、衆院特別委員会で強行採決

  • Posted by: ベスリン
  • 2007年4月13日 22:38
  • 政治
このエントリーをはてなブックマークに追加

憲法(等)の変更の是非を国民に問う、国民投票法案が、衆院特別委員会で強行採決されてしまいました。
この強行採決の内容で、もっとも気になる部分。
それは、「白票は無効票」「有効票の過半数」「有効票の最低数の規定(が無い)」という部分。

まず、「白票は無効票」について。
なぜカウントされないのか。
白票はそもそも今の政治に対する批判票。賛成でも反対でもない第3の票として評価するべきです。

次に、「有効票の過半数」「有効票の最低数の規定(が無い)」という部分。
ここがもっとも問題です。
極論すれば、有効票1票、うち賛成票1票というのも有効なのです。
投票放棄を自主的にする人もいるでしょうが、このままだと投票権放棄を強要する輩が絶対現れます。

全く練られた気配のないこの法案。
政治不信がますます増すばかりです。
ほんと、政治家連中、特に今回のトップ連中(糞馬鹿委員長、自民党)は非人間だな。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/857
Listed below are links to weblogs that reference
国民投票法案、衆院特別委員会で強行採決 from PC破壊日記的ブログ

Home > 政治 > 国民投票法案、衆院特別委員会で強行採決

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る