Amazon.co.jp ウィジェット SPDIF出力の罠 - PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > SPDIF出力の罠

SPDIF出力の罠

このエントリーをはてなブックマークに追加

Vista化対応検討として、またSPDIF出力を改善すべく、内蔵のRealtek RLC882(Intel HD Audio)への変更を実施。もちろん、メインマシンのです。
しかし、ここでかなり難しい事態に。
なんと、RLC882@GIGABYTE GA-8I955X Royal上では、光出力がデジタルサウンド(Wavとかmidiとかmp3とか)の直接出力か、SPDIF INからのスルー出力しかないようです。
これは非常に由々しき事態です。
今現時点でキャプチャカードのサウンド出力はLine-INに対して出力しているので、
ここがアナログな以上、デジタル出力をどうやってもしてくれないのです。

昔のRelatek RLC850(AC'97 Audio)@ASUS P4P800-E Deluxeだときちんとアナログ出力も変換して出してくれるのに・・・。

んで、サウンドカードを探していたものの、その情報が記載されていないところが多い。
そして、対応している物を見つけても、Line-INと排他使用だったり、非常に高価だったりと、
なかなか目的の物が見つかりません。

一応、候補として、
SE-200PCIが該当しそうではありますが。
(Creative系は20,000円超ばかりなのできつい・・・・。)

Vista対応化はこうも難しい物なのか・・・。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/874
Listed below are links to weblogs that reference
SPDIF出力の罠 from PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > SPDIF出力の罠

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る