Amazon.co.jp ウィジェット 年賀状の大半が上質な再生紙? - PC破壊日記的ブログ

Home > ニュース記事 > | 郵政事業 > 年賀状の大半が上質な再生紙?

年賀状の大半が上質な再生紙?

このエントリーをはてなブックマークに追加

年賀状の素材に使われている、リサイクルペーパー。
いわゆる古紙ですが、この古紙の配合率に偽装が見つかったようです。
しかも、日本郵政に納入している殆ど、約9割、39億枚(/総数40億枚)の年賀はがきが基準以下の古紙配合率だったそうです。

これに対し、王子製紙は「既定の配合率ではとてもじゃないが量産できない」とのこと。
それを承知で納入してたことになります。
おそらく他社も同じような理由でしょう。
ということは、普通に市販しているリサイクルペーパーでも同じ事が言えるかも知れません。

しかし、なぜこんなことに?
製紙会社の言い分では、「中国で上質な古紙の大半が使用されてしまい、手に入りにくくなった」とのこと。
言い分は分かりますが、それで配合率を下げるのはちょっと・・・

エコ、リサイクル、国家間事情・・・。
今回の「偽装」、非常に大きな問題に発展しそうですね・・。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/1146
Listed below are links to weblogs that reference
年賀状の大半が上質な再生紙? from PC破壊日記的ブログ

Home > ニュース記事 > | 郵政事業 > 年賀状の大半が上質な再生紙?

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る