Amazon.co.jp ウィジェット パソコンのリカバリを行う際、バックアップが必要なフォルダとは。 - PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > パソコンのリカバリを行う際、バックアップが必要なフォルダとは。

パソコンのリカバリを行う際、バックアップが必要なフォルダとは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私のメインマシン、最近調子が悪いので、再インストールを決行することにしました。
よく考えたらトータル786日、2005年10月29日から使い続けていたのだな・・・。
(修復インストールは再インストールとは数えない)
再インストール関係の話については、明日の記事に詳細を記載します。
今日は、再インストール(リカバリ)をするとき、バックアップしておくべきと思われる場所を明記していこうと思います。
あくまで私の主観ですので、他にもバックアップするべき場所はあるかもしれません。
まあ、参考までに。
ちなみに、今回私はHDDごと取り外して、後に新HDDに移行するので、以下の作業のうちほんの一部しか
今回はやっていませんが・・・。

以下、「続きを見る」からどうぞ。
なお、パソコンを再インストールする「前」にする作業もあります。起動できる場合は参考に。

  • パソコンを再インストールする「前」にバックアップするべきもの
 
ファイルというかレジストリですが、このレジストリについては、再インストール後に
リストア(復元)するのが非常に難しいです。
ですので、この時点でのバックアップをおすすめします。
方法は以下の通り。
1.レジストリエディタを起動
 「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→regedit.exe
2.「Home」キーを押して、レジストリの先頭(マイ コンピュータ)に移動
3.メニューより「ファイル」→「エクスポート」を選択。
4.「エクスポート範囲」が「すべて」であることを確認
5.適当なファイル名を付けて保存(約30秒ほど掛かるかも)
6.USBメモリや、CD-Rなどにバックアップ。もしくは別のPCに保存しておくとか。

他、バックアップしておいた方が良いレジストリキーは以下の通り。
(「エクスポート範囲」を「選択された部分」にして、その下のテキストボックスに直接入力してもOK)
・HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\ZoneMap
・HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones
(以上、インターネットエクスプローラの信頼済みサイト/制限するサイト等の設定)
・HKEY_CURRENT_USER\Software
・HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
(アプリケーションの設定。)
・HKEY_CURRENT_USER\Software\RimArts
(Becky使いなら。)
上級者なら、他に個別にバックアップを。
なお、アクセス権限の関係で保存されていない場合もあるので、特に
個別にバックアップした部分については中身をさらっと確認しておくこと。
特にエラーが出て保存できなかった場合は、全く何もバックアップされていないので注意。

あ、一番最初に記載したすべてのレジストリのバックアップには、
約150MBほどのHDD容量が必要です。ご注意を。

  • HDD丸ごと取り外し、後で読み込めるならいいが、そうでない場合はバックアップするべき場所

ここは使う人によって大幅にバックアップするべき場所が変わってくると思いますが、ある程度
共通している場所はあるので、その辺を中心に。
なお、c:\の部分(ドライブ名)は、各自OSをインストールしたドライブに置き換えてください。
(WindowsXP,Windows2000系)

・c:\windows\system32\drivers\etc\hosts ファイル
・マイ ドキュメント内
・デスクトップ内
・c:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Favorites
(お気に入り)
・C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Justsystem\Atok**
(ATOK辞書ファイル。**には使用しているバージョンが入る)
・C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\IMJP*\imjp*u.dic
(MSIME辞書ファイル。ユーザー辞書。*には使用しているバージョンが入る)
・メールフォルダ(アプリケーションによって異なる。)
 outlook expressだと、C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Application Data\Identities\{********-****-****-****-************}\Microsoft\Outlook Express
 *部分は不定。
 outlookだと、outlookの「ツール」→「オプション」内の、「メールセットアップ」の「データファイル」を見てください。
 他のソフトは各自確認してください。(ぉぃ
・Program files内の各フォルダ
 特にゲーム/フリーソフトなどの設定ファイルはここに保存される。
・自分でインストール先を設定したソフトのフォルダ内
 特にゲーム/フリーソフトなどの設定ファイルはここに保存される。
・自分で作成したファイルを保存している場所
 自分で専用の管理フォルダを作成し、そこ保存しているなら。

まだありそうだけど、とりあえずこんなところか。
最低限これだけはバックアップしておけば今の時代困ることは無いかな・・・。

あと、ネット速度が遅い方でなくても
・オンラインソフトのインストーラ/アーカイブを保存したフォルダ
とか、
・自作マシンならマザーボード等の最新のデバイスドライバ
とか。OSを新しくするなら要チェック。

他に「ここはバックアップすべきだろう」という意見があればどうぞ。

Comments:0

Comment Form


画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://pc-diary.com/mt/mt-tb.cgi/1124
Listed below are links to weblogs that reference
パソコンのリカバリを行う際、バックアップが必要なフォルダとは。 from PC破壊日記的ブログ

Home > PC破壊日記 > パソコンのリカバリを行う際、バックアップが必要なフォルダとは。

2進数時計
※クリックで読みやすくなります。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Search
Feeds

Google Adsense
Tag Cloud

このページの最初に戻る